酵素にダイエット効果が
あるわけではありません!

酵素ドリンクを飲んでも痩せない理由。酵素の本当の役割とは?

ちまたでは酵素ダイエットが流行し、アメブロでは2流タレント達が酵素ドリンクでダイエットしている要素をブログに書き、それに影響を受けて酵素ダイエットを始めている人も多いことでしょう。

しかし、酵素自体にダイエット効果などは全くありません。

酵素ドリンクダイエットで痩せた人は、酵素で痩せたのではなく、食事を食べないで酵素飲料を飲むだけの置き換えダイエットをして、摂取カロリーを減らしたから痩せたのです。

酵素は元々は触媒的な役割の要素です。(※触媒・・・特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないもの。)

酵素の役割とは、酵素と一緒に食べ物を摂取すると、その食べた物の栄養を体に吸収しやすくなるというものです。

栄養を吸収しやすくなるということは、食べたものが身につきやすくなるということなので、体は大きくなります。

なので、酵素で痩せるのではなく、置き換えダイエットによって摂取カロリーが減ったから痩せるのです。

まず、このことを頭に入れておいてください。

間食していては置き換えダイエットの効果はなし!

仮に、ランチを置き換えたからといって、15時に小腹が空いたからとお菓子を食べていては、カロリーは減らないので、痩せません。

そもそも、飲料だけで置き換えるのって辛くないですか?

置き換えダイエットのマイナス点は置き換えた後にお腹が空いて、その後、ついついお菓子などをつまんでしまうことです。

間食が増えてしまう原因にもなってしまうんですね。

当然ですが、間食をたくさんしていては痩せません。

ドリンクタイプは咀嚼しないから満腹感を感じない。

さらに、ドリンクだと咀嚼しません。噛みませんよね。これはあまり良くありません。

人間は噛んで唾液を出すことによって満腹感を感じます。

ちまたでは、スムージードリンクなどの飲むダイエットが流行っていますが、咀嚼しないで飲みこむだけなので、唾液が出ないから満腹感を感じることができないのです。だから、その後、間食してしまうのです。

ですから、置き換えダイエットをするなら、飲む置き換えではなく、食べる置き換えをすることをオススメします。

さらに、ゆっくり時間をかけて食べることによって、たくさん噛むことになるので、唾液もたくさん出ます。

唾液が出れば満腹感を感じることができます。だから、食べ過ぎません。

時間をかけてよく噛んで食べることは、ダイエットにとって必須行為ですよ!

ゆっくり時間をかけて食べないと満腹中枢器官は満たされない。

時間をかけてゆっくり食べることには、もう1つのメリットがあります。

それは、食べている最中に満腹中枢器官が満たされるということです。

人間の満腹中枢器官は食べてから15〜20分ほどたってから満たされます。

なので、5分で早食いしてしまっては、どんなに食べても満腹中枢は満たされません。

少量でも15〜20分かけてゆっくり食べれば、満腹中枢は満たされますので、これ以上食べたいとは思わなくなります。

ドリンクによるダイエットは時間をかけることできません。飲むだけなのですぐに飲み終わってしまいます。

そのため、満腹中枢器官は満たされないので、間食につながってしまうのです。

酵素ドリンクによるダイエットは早食いしているようなものなんですね。

置き換えダイエット自体はダイエット効果があるのは確か!

以上が酵素ドリンクダイエットが痩せない理由ですが、置き換えダイエット自体は確かに効果があります。

1日の摂取カロリーが以前よりも減れば、体重が減るのは当然だからです。

でも、しっかりと効果を出したかったら、「よく噛んで唾液を出して、時間をかけてゆっくり食べる」ことが必須です!

そこでオススメの置き換えダイエット食品を紹介します!

それは「ミルミルダイエット」です。

「ミルミルダイエット」には、しっかりと咀嚼できるようにコーンフレークが入っています。

さらに、少量でも満腹感を感じるように「チアシード(バジルシード)」という成分が入っています。

他にも、便秘解消効果がある「キダチアロエ」、脂肪分をブロックする「キトサン」、糖の吸収を抑制する「サラシア」などの成分が入っています。

できれば、木綿豆腐を入れて食べて欲しいと思います。

豆腐には良質なタンパク質が含まれています。

タンパク質を摂取しないと筋肉量が増えません。体内の筋肉量が少ない人は、基礎代謝が低い傾向にあるので、太りやすい体質になってしまいます。

毎日の食事の中でタンパク質をしっかり摂取して、適度な筋トレや運動をすることによって、基礎代謝が上がり、太りづらい体質へと変えることが出来ますよ!

おすすめサイト・参考サイト